前へ
次へ

調味料は目分量で問題ないのかを知る

料理のレシピなどを見るとおおさじいくら、小さじいくら、一つまみ等の言葉が書かれているでしょう。
おおさじと言ってもやまもりもあればすり切りもあるのでかなり量が変わるときもあります。
一つまみだとどの指を使うのか、指の大きさや力で量が変わってしまうのではないかと考えたりもするでしょう。
基本的には新たに作る料理をレシピを見ながら作るなら、レシピ通りの分量で作るのが良いでしょう。
それが美味しいかどうかは正直なところ作ってみないとわかりません。
まずはレシピ通りに作って物足りないと感じれば味を調整するための調味料を足したり減らしたりするようにしてみましょう。
調味料の使い方としてたまにあるのが目分量です。
つまりは正確な分量を量らずに感覚で入れる方法です。
料理人の多くはいちいち量っていませんから、料理に慣れている人も量る必要はないでしょう。
その都度味見をしながら作っても構いません。
ただ目分量で失敗をしたなら量って作るようにした方がいいでしょう。

Page Top